Loading

Information Distribution.

ビットコイン大国を目指すスイスの挑戦


スイスのツークでは町役場での支払いにもビットコインが使用可能Arnd Wiegmann-REUTERS
<法整備と安全性の確保に手間取る他国に先駆け、金融立国スイスは仮想通貨ビジネスを全力で後押しする>
チューリヒ(スイス)から南に約20キロ、アルプスの絶景に抱かれた小さな町ツークで、小さな機械が大きな仕事をしている。ここに本社を構えるビットコイン・スイス社が設置した専用のATMだ(スイス全土では13台ある)。
ATMにスイスフランかユーロを入れると、相当額のビットコインを表すコードの印刷された紙が出てくる。これをスマートフォンで読み取れば、暗号通貨はあなたのものだ。
暗号技術を使った仮想通貨ビットコインに、そもそもATMは必要ない。ビットコインはサトシ・ナカモトを名乗る謎の人物が書いたコードであり、09年に「発行」されたが実体はない。ただ、暗号通貨を使ってみたいけれど何もないのは不安……という人にはATMが役に立つ。
ビットコインのATMという型破りな発想も、ツークならではのもの。人口3万人の町は暗号通貨ビジネスを引き寄せ、今や金融界でシリコンバレーならぬクリプト(暗号)バレーと呼ばれている。
以下省略
 
金融大国スイスがビットコインを国家ぐるみで推奨している。
仮想通貨というと銀行にとっては厄介なお荷物で、送金手数料を取れない通貨などは出来れば無くなって欲しいはずだが、金融大国スイスをしてユーザーの匿名性とブロックチェーンの持つ先進性を他国に先駆けてでも取り入れる方向へと舵を切らせている。
「スイス経済の規模は小さいから、革新によって競争面で有利な立場を維持することはとても重要だ」と、スイス財務省国際金融担当事務局のアン・セザーが言ってるように、米英や日本が本格的導入に躊躇をしている隙間を突こうという戦略なのだ。
意味のない専用のATMの設置などは、自動運転電気自動車がわざわざ不必要な排気音を電子的に付けるのと同じく、人間の遅れた感性を強引に納得させているようだ。
中央銀行のような中央集中型の管理機関は存在不要で、逆に分散型のピアツーピア・ネットワーク上で全てが行われるビットコインの隆盛は、スイスが感じ取っているように国境や為替といった面倒なものとは無縁の新しい革命的な資産保有手段となっている。
ひと昔前であれば、「スイス銀行に預金をしている」ことがステータスシンボルであったが、今やタンス預金に頼っていた小金持ちもビットコインをウェブ・アプリケーション上のウォレット(財布)に安全にしまい込んでおくことが可能になっている。
もっともウォレットのバックアップはやはりスイス銀行へ預けておいたほうが安全かも知れない。
 

CFTC承認

国の借金1078兆円

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. ビットコインとは?

    2017.05.01
  2. 暗号通貨について。

    2017.04.01
  3. 仮想通貨での失敗

    2017.05.04
  4. GMOコイン・bitflyer

    2018.03.17
  5. イーサリアム( Ethereum)とは?

    2017.05.01
  6. 換金するには?

    2017.05.04

最近の投稿

過去記事一覧

PAGE TOP